にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

まいにち基本 平成31年春問題解説 問61 問62 問63 問64

ビックデータはでっかいどー(いいたいだけやん)

f:id:koharuwest:20190905221402p:plain


基本情報の平成31年春 午前問題(全80問)を
解いていきます。問題の解き方や考え方をわかりや
すく、解説してみる連載です。
 

問61
エンタープライズアーキテクチャを構成するアプリ
ケーションアーキテクチャについて説明したものは
どれか。

ア 業務に必要なデータの内容、データ間の関連や
  構造などを体系的に示したもの
イ 業務プロセスを支援するシステムの機能や構成
  などを体系的に示したもの
ウ 情報システムの構築・運用に必要な技術的構成
  要素を体系的に示したもの
エ ビジネス戦略に必要な業務プロセスや情報の流
  れを体系的に示したもの

問62
オンデマンド型のサービスはどれか。

ア インターネットサイトで購入したDVDで視聴
  する映画
イ 出版社が部数を決めてオフセット印刷した文庫
  本
ウ 定期的に決められたスケジュールでスマートフ
  ォンに配信されるインターネットニュース
エ 利用者の要求に応じてインターネット上で配信
  される再放送のドラマ


問63
BI(Business Intelligence)
の活用事例として、適切なものはどれか。

ア 競合する他社が発行するアニュアルレポートなど
  の刊行物を入手し、経営戦略や財務状況を把握
  する。
イ 業績の評価や経営戦略の策定を行うために、業務
  システムなどに蓄積された膨大なデータを分析す
  る。
ウ 電子化された学習教材を社員がネットワーク経由
  で利用することを可能にし、学習・成績管理を行
  う。
エ りん議や決裁など、日常の定型的業務を電子化す
  ることによって、手続を確実に行い、処理を迅速
  にする。


問64
ビッグデータの活用事例を、ビッグデータの分析結
果のフィードバック先と反映タイミングで分類した
場合、表中のdに該当する活用事例はどれか。

f:id:koharuwest:20190905221327p:plain



ア 会員カードを用いて収集・蓄積した大量の購買
  データから、一人一人の嗜好を分析し、その顧
  客の前月の購買額に応じて、翌月のクーポン券
  を発行する。

イ 会員登録をした来店客のスマートフォンから得
  られる位置データと、来店客の購買履歴データ
  を基に、近くの売場にある推奨商品をスマート
  フォンに表示する。

ウ 系列店の過去数年分のPOSデータから月ごと
  に最も売れた商品のランキングを抽出し、現在
  の月に該当する商品の映像を店内のディスプレ
  イに表示する。

エ 走行中の自動車から、車両の位置、速度などを
  表すデータをクラウド上に収集し分析すること
  によって、各道路の現在の混雑状況をWebサ
  イトに公開する。


 

 

(解答と解説)

問61
エンタープライズアーキテクチャといえば、全体の
最適化!と返して欲しいところです。そのうち、ア
プリなので業務に最適な情報システムについて、と
きます。イです。

問62
これはいいですね。エです。


問63
BI(Business Intelligence)
はデータマイニングなどを含む、データ分析技術の総
称です。なので、イです。


問64

f:id:koharuwest:20190905221327p:plain

ア 会員カードを用いて収集・蓄積した大量の購買
  データから、一人一人の嗜好を分析し、その顧
  客の前月の購買額に応じて、翌月のクーポン券
  を発行する。c?

イ 会員登録をした来店客のスマートフォンから得
  られる位置データと、来店客の購買履歴データ
  を基に、近くの売場にある推奨商品をスマート
  フォンに表示する。d

ウ 系列店の過去数年分のPOSデータから月ごと
  に最も売れた商品のランキングを抽出し、現在
  の月に該当する商品の映像を店内のディスプレ
  イに表示する。a

エ 走行中の自動車から、車両の位置、速度などを
  表すデータをクラウド上に収集し分析すること
  によって、各道路の現在の混雑状況をWebサ
  イトに公開する。b

なので、イです。