にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにち基本 平成31年春問題解説 問53 問54 問55 問56

クリティカルパス!まるでサッカー漫画みたいです。

f:id:koharuwest:20190831122845p:plain


基本情報の平成31年春 午前問題(全80問)を
解いていきます。問題の解き方や考え方をわかりや
すく、解説してみる連載です。
 

問53

アローダイアグラムの日程計画をもつプロジェクト
の、開始から終了までの最少所要日数は何日か。
f:id:koharuwest:20190831123058p:plain
ア  9
イ 10
ウ 11
エ 12

問54

システムを構成するプログラムの本数とプログラム
1本当りのコーディング所要工数が表のとおりであ
るとき、システムを95日間で開発するには少なく
とも何人の要員が必要か。ここで、システムの開発
にはコーディングのほかに、設計及びテストの作業
が必要であり、それらの作業にはコーディング所要
工数の8倍の工数が掛かるものとする。

f:id:koharuwest:20190831123121p:plain
ア  8
イ  9
ウ 12
エ 13

問55

サービスマネジメントのプロセス改善におけるベン
チマーキングはどれか。

ア ITサービスのパフォーマンスを財務、顧客、
  内部プロセス、学習と成長の観点から測定し、
  戦略的な活動をサポートする。
イ 業界内外の優れた業務方法(ベストプラクティ
  ス)と比較して、サービス品質及びパフォーマ
  ンスのレベルを評価する。
ウ サービスのレベルで可用性、信頼性、パフォー
  マンスを測定し、顧客に報告する。
エ 強み、弱み、機会、脅威の観点からITサービ
  スマネジメントの現状を分析する。

問56

システムの移行テストを実施する主要な目的はどれ
か。

ア 確実性や効率性の観点で、既存システムから新
  システムへの切替え手順や切替えに伴う問題点
  を確認する。
イ 既存システムの実データのコピーを利用して、
  新システムでも十分な性能が得られることを確
  認する。
ウ 既存の他システムのプログラムと新たに開発し
  たプログラムとのインタフェースの整合性を確
  認する。
エ 新システムが、要求されたすべての機能を満た
  していることを確認する。


 

(解答と解説)

問53

最少所要日数というのは、全部が終わる日数なので
一番長くかかる周り方を考えなきゃダメなのよ。

なので、正解はエです。


問54

それぞれかけると
20、30、45
合計で95あれ?

設計及びテストの作業が必要であり、それらの作業
にはコーディング所要工数の8倍の工数が掛かるも
のとする。

なので、
180
270
405
合計855/95なので9が近いかな?
正解はイです。

問55

ベンチマーキングは同業他社と比較して、というの
がキーワードです。正解はイです。

問56

「システムの移行のテスト」なので、ア が正解です