にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

f:id:koharuwest:20191106221322p:plain

ネスペちゃん01 「IP」(4)違う街への配達 その1

<ネスペちゃん01について>
ネスペちゃん01はネットワークの用語やセキュリテ
ィのお話について、「難しい」イメージから「意外と
面白い」に変えるのが目的です。そのため、あえて大
胆なたとえや、表現を使っています。

そんなわけで、結果的に、緻密さを犠牲にする部分が
あります。詳しく知りたい方は、さらに勉強しよう!
ってことで。よろしくお願いします。(にしの)


----

前回の記事はこちらです。

www.nsnq.tech

同じ町内(LAN)ではない、別の町内への配達に
は機器が持っているMACアドレスの他にIPアド
レスという公式の住所が必要になります。

公式の住所はみんなに割当たるものではないのです
が、今回は省略してね。

こんな順番で送ります。

1 町外(LANの外)に配達をしたくなります。
  その時は、MACアドレスで探したりしません。
  相手のIPアドレスで探します。

2 そのIPアドレスは町内じゃない!ことが確定し
  たら。(このプロセス大事だったりしますが

  ・・詳細は省きます)

3 町内の外との通信を担当している機器(ルータ
  が多いかな)に通信を丸投げします。郵便局っ
  てことにしましょう。
  ※難しくいうと、デフォルトゲートウエイって
    言います。

4 郵便局さんはIPアドレスを見て、それに近い
  郵便局宛に荷物を送ります。

5 受け取った郵便局は、自分の町内に所属するパ
  ソコンであるならば。宛先のMACアドレス(町
  内向け住所
)をつけてハブさんに投げます。
6 ハブさんはパソコンに荷物を届け
ます。

大まかにいうと、こんな感じでしょうか。

はいはい、質問いい?

Q 郵便局はどやって、世界中のIPアドレスから
  目的地を見つけ出すの?

それをルーティングっていいます。もうちょっと細
かくは次回やるんですが。大まかに言えば。

「知ってそうな人にとりあえず送る」

ってことになります。

f:id:koharuwest:20190526164539p:plain


えええ!(続くよん)