にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにちあいぱす 平成30年秋問題解説 問45 問46 問47 問48

ガソリンスタンドが行列に。前回の反省を生かしてい
る?のですね。改めて、防災、大事にします。

f:id:koharuwest:20190222224527p:plain

あいぱすの平成30年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

問45
監査役が行う監査を、会計監査、業務監査、システム
監査、情報セキュリティ監査に分けたとき、業務監査
に関する説明として、最も適切なものはどれか。

ア 財務状態や経営成績が財務諸表に適正に記載され
  ていることを監査する。
イ 情報資産の安全対策のための管理・運用が有効に
  行われていることを監査する。
ウ 情報システムを総合的に点検及び評価し、ITが
  有効かつ効率的に活用されていることを監査する。
エ 取締役が法律及び定款に従って職務を行っている
  ことを監査する。

問46
プロジェクトの管理を進捗管理、品質管理、コスト管
理と分けた場合、進捗管理の確認事項として、最も適
切なものはどれか。

ア 結合テストが様々な観点で網羅的に行われている
  かどうか。
イ 今後の費用増加はどの程度見込まれるか。
ウ 作業の遅れが全体日程に与える影響はどの程度か。
エ 設計の不備を発見するための設計レビュー手順
  が確立しているかどうか。


問47
ITサービスを提供するために、データセンタでは建
物や設備などの資源を最適な状態に保つように維持・
保全する必要がある。建物や設備の維持・保全に関す
る説明として、適切なものはどれか。

ア ITベンダと顧客の間で不正アクセスの監視に関
  するサービスレベルを合意する。
イ 自家発電機を必要なときに利用できるようにする
  ために、点検などを行う。
ウ 建物の建設計画を立案し、建設工事を完成させる。
エ データセンタで提供しているITサービスに関す
  る、利用者からの問合せへの対応、一次解決を行
  う。


問48
システム開発プロジェクトにおいて、同じ規模のプロ
グラムを36本作成する計画がある。1週間当たり6
本のプログラムを作成できるA氏だけに依頼する予定
であったが、計画変更によって、A氏と、A氏の半分
の生産性のB氏の2名に依頼することにした。A氏と
B氏の1週間当たりの費用がそれぞれ30万円と20
万円であるとき、当初の計画に比べた費用の変更は幾
らか。ここで、A氏とB氏は作業を並行して実施し、
A氏とB氏の作業効率は常に一定であるものとする。

ア 80万円の減少
イ 30万円の減少
ウ 20万円の増加
エ 120万円の増加

 

 

 

(解答と解説)


問45

ア 財務状態や経営成績が財務諸表に適正に記載され
  ていることを監査する。
会計監査です。

イ 情報資産の安全対策のための管理・運用が有効に
  行われていることを監査する。
情報セキュリティ監査です。

ウ 情報システムを総合的に点検及び評価し、ITが
  有効かつ効率的に活用されていることを監査する。
システム監査ですねえ。

エ 取締役が法律及び定款に従って職務を行っている
  ことを監査する。
これが業務監査でしょう。

問46
しんちょく、進捗ですが。進み具合のことです。
正解はウでしゅ。

問47
ファシリティマネジメントのことを聞きたいようです。
施設設備管理のことですね。

ア 不正アクセス?
イ これが正解です。
ウ 建設計画?
エ 利用者からの問合せへの対応?


問48
Aさんだけでやると、6週間かかるので
180万円です。

Bさんも加えると

     Aさん  Bさん  累計   費用
1週目   6    3    9   50
2週目   6    3   18   50
3週目   6    3   27   50
4週目   6    3   36   50

となり、4週で終わります。合計の金額は
200万円なので、20万円の増加。ウでいいと思い
ます。