にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにちあいぱす 平成30年秋問題解説 問13 問14 問15 問16

あいぱすの平成30年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

f:id:koharuwest:20190205221437p:plain


問13
A社では、受注から納品までの期間が、従来に比べて
長く掛かるようになった。原因は、各部門の業務の細
分化と専門化が進んだことによって、受注から出荷ま
での工程数が増え、工程間の待ち時間も増えたからで
ある。経営戦略として、リードタイムの短縮とコスト
の削減を実現するために社内の業務プロセスを抜本的
に見直したいとき、適用する手法として、適切なもの
はどれか。

ア BCM
イ BPR
ウ CRM
エ SFA


問14
ISO(国際標準化機構)によって規格化されている
ものはどれか。

ア コンテンツマネジメントシステム
イ 情報セキュリティマネジメントシステム
ウ タレントマネジメントシステム
エ ナレッジマネジメントシステム


問15
RFPに基づいて提出された提案書を評価するための
表を作成した。最も評価点が高い会社はどれか。ここ
で、◎は4点、○は3点、△は2点、×は1点の評価
点を表す。また、評価点は、金額、内容、実績の各値
に重み付けしたものを合算して算出するものとする。

f:id:koharuwest:20190205221207p:plain
ア A社
イ B社
ウ C社
エ D社


問16
ある会社の昨年度の売上高は3、000万円、年度末
の在庫金額は600万円、売上総利益率は20%であ
った。このとき、在庫回転期間は何日か。ここで、在
庫回転期間は簡易的に次の式で計算し、小数第1位を
四捨五入して求める。

在庫回転期間=(期末の在庫金額÷1年間の売上原価)
×365

ア 58
イ 73
ウ 88
エ 91

 
(解答と解説)


問13

ア BCM
事業継続計画のマネジメントですね。

イ BPR
これが正解です。

ウ CRM
顧客関係管理のこと。顧客の情報を集めて迅速に利用
します。

エ SFA
顧客情報を共有し、営業活動の質を高めること。


問14

ア コンテンツマネジメントシステム
コンテンツ管理は標準化する必要があるかなあ。

イ 情報セキュリティマネジメントシステム
正解はこれです。

ウ タレントマネジメントシステム
エ ナレッジマネジメントシステム

人材や知識についても・・・ですよね。

問15
計算しましょう。
   金額  内容  実績
A   6  16   1  = 23
B  12  12   1  = 25
C   6  12   4  = 22
D   9   8   3  = 20

なので。イが正解です。

ア A社
イ B社
ウ C社
エ D社


問16
そのまま当てはめてみましょう。親切。
と思ったら、売上原価がわからない。
3000*0.2なので、利益は600ゆえに
3000−600=2400

=(600/2400)* 365
=0.25*365
=91

正解はエです。