にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

くまネットにしの 第7回 スパニングツリーとリングアグリケーションの違い

スパニングツリーとリングアグリケーションの違いを
教えてください。(匿名希望)

あー、これはきっと私の元生徒さん
だな。


ーどゆことだ?

1時間まるまる講義したことあんのよ。スパニングツ
リーとリングアグリケーションの。

ーそんなにか!

講義開始30分くらいたってからSTPとリングの説
明が「逆だ」って気付いて、「忘れてください!」ズ
コーっていう授業をやったことがあってね。

ー間違えんだろ、普通。

うん。普段は間違えないんだけど。・・・きっと、大
殺界だったに違いないあれは。

元生徒さんには伝説として今でもイジられる。

ー生徒も気づけよ。

教科書に書いてあるのにね。言い出しにくかったんじ
ゃないかな。オーラ出してたからさ。オーラよっと。

ーじゃあ、ちゃんと説明してくれ。

あいよ。二つの共通点はちゃんとある。

「冗長化」だ。

要するに、通信回路のどっかがダメになっても、通信
を継続することができるんだな。

違いは何かというと。

スパニングツリーは、ルートを複数に分岐して冗長化
を図っていること。ルートを複数に分岐すると、ルー
プが起こるので「ループを防ぐ」というのが目的にな
る。

ーリングアグリケーションは?

こちらは回線自体を太くする。つまり、同じルートを
通るケーブルを一本であるかのように扱う。どっちか
ダメになっても、通信の継続はできるわけだが。

実はリングアグリケーションの目的はこっちじゃなく
「通信帯域の増幅」にある。2本まとめることによ
って単純に速度を出そうという狙いの方が本命だった
りする。

ー今回はネットワークっぽい質問で、よかったな。
 質問はいっぱいきている。しかし・・・。

試験関係の質問多いですねー。

ー次回はそれでいこうか。うん。

うひー。

f:id:koharuwest:20170626232423p:plain