あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
  ※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

まいにちキホン 平成29年秋 問17ポーリング 問18リアルタイムOS 問19メモリマップ

カザム前でトレイン作りながらサポジョブのアイテム
取りたい。ボギーとかに全滅させられたい。つうか、
学生時代に戻りたいなあ。

f:id:koharuwest:20171116223551p:plain

まいにち、基本情報の平成29年秋の問題を解いてい
きます
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です

問17
ソフトウェア制御における、ポーリング制御はどれか

ア CPUが状態レジスタ又はビジー信号などを読み
  出して、入出力装置の状態を監視する
イ 実行中の処理を一時的に中断して、緊急度の高い
  別の処理を実行する
ウ 送信側のタスクがメモリにデータを格納し、受信
  側のタスクにそのアドレスを伝える
エ 複数のタスクが利用する共有資源を、一つのタス
  クが占有できるようにする


問18
優先度に基づくプリエンプティブなスケジューリング
を行うリアルタイムOSで、二つのタスクA、Bをス
ケジューリングするAの方がBより優先度が高い場合
にリアルタイムOSが行う動作のうち、適切なものは
どれか

ア Aの実行中にBに起動がかかると、Aを実行可能
  状態にしてBを実行する
イ Aの実行中にBに起動がかかると、Aを待ち状態
  にしてBを実行する
ウ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを実行可能
  状態にしてAを実行する
エ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを待ち状態
  にしてAを実行する


問19
図のメモリマップで、セグメント2が解放されたとき、
セグメントを移動(動的再配置)し、分散する空き領
域を集めて一つの連続領域にしたい1回のメモリアク
セスは4バイト単位で行い、読取り、書込みがそれぞ
れ30ナノ秒とすると、動的再配置をするのに必要な
メモリアクセス時間は合計何ミリ秒か
ここで、1kバイトは1、000バイトとし、動的再
配置に要する時間以外のオーバヘッドは考慮しないも
のとする

 

 

(解答と解説)


問17
ポーリング制御は一定時間ごとにソフトウエアの処理
状況を収集して、処理を制御する方式をいいます。
よって、正解は「ア」になります。

問18
「実行・実行可能・待ち状態」を思い出してください。

ア Aの実行中にBに起動がかかると、Aを実行可能
  状態にしてBを実行する
イ Aの実行中にBに起動がかかると、Aを待ち状態
  にしてBを実行する
A>Bなのでありえないです。Aの実行が継続。


エ Bの実行中にAに起動がかかると、Bを待ち状態

  にしてAを実行する
待ち状態は入出力を待っている状態なので、Bは実行
可能状態にします。


よって正解は「ウ」になります。


問19
セグメント2をよけて、3を移動させます。
よって800kバイトを動かすことになります。

4バイト単位で移動を行うのでアクセスの回数は
800000/4=200000

読み書きの2回が必要なので
200000×2=400000

それに30ナノ秒をかける
400000×30=1200000ナノ秒

ミリに単位を揃えます。
12000000/1000000=12ミリ秒


よって、正解は「エ」となります。

次回もよろしくおねがいします!