にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

週刊にしの よい光栄を!

GWが終わる。7月まで、もう連休はないという悲
しい事実。焦って、行楽しようと思ったのだが。

体調も天気もいまいちだったので、近代美術館に出
かけたりとか。近所の公園に花見に行ったりとか。
外出はそのレベルでGWは終わった。

あとは家で、にしのFとずっとUNITYの研究をして
た。何種類かサンプルっぽいゲームを作ったりして
た。金のない大学生カップルか。

でも、UNITYわかった。このGWで全部わかった。
あーそういうことね、完全に理解した。(お約束)

3Dのモデリングとかはできないけど、素材使って
ゲーム作るのはできる。ゼルダっぽいものもできる。

そのうち、UNITYの連載したい。この悟りをすべて
の人に伝えたいっ。そういう欲望に駆られているよ。
(とかいって、GW中にUNITYメジャーアップデー
 ト。新バージョンでてやんの。とほほー。)

コンピュータの世界は新しい技術が次々に出てくる
けど、反面「過去の焼き直し」が相当に通用する。

だから、プログラミングで生計を立てようと思って
いる人はなにか一つでいいので、言語をマスターす
ること。そうすれば、経験則もしくは、ちょっとの
勉強で何とかできる。

「言語をマスター」っていうのも抽象的な言い方だ
けど。

そうねぇ。過去に遊んだ中で一番おもしろかったゲ
ームを再現してみる!とか、良い訓練になると思う。

なにごとも、「作りたいもの」があって、それにむ
かって技術は伸びていくものざんすよ。

ワタクシは、中学生で三国志を模倣して作ったこと
がある。むっちゃ地味。

それでは、みなさまHAVE A NICE KOEI。