あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

Unityの教育機関向け無料ライセンス

今年はJavaScriptでやってみたんだよね。

www.nsnq.tech

でも、成果物が正直・・・ね。innerHTMLとか使って動
きのある感じにもしてみたのだけど。

プログラミングの本質を教えるという意味では、python
だろうがなんだろうが、言語はなんでもいいと思うのだ。

しかし、高校生くらいになるとさすがに。
「コード書いた。」「わーほんとに動いた!」みたいな
流れにはなかなかならない。食いつきの問題なわけだ。

で、この辺が再検討の課題になったわけだが。
なにせ6年前のパソコンですから。

Androidstudio  スペック不足
VisualStudio 同じく
Unity  32bitならいけるけど、ライセンスめんどい

うーん、と思っていたらこんなのあるじゃん。
(ツイッターフォローしててよかったワン)

store.unity.com
ボリュームライセンスなので、これはなかなかいい予感
がするぞ。1年間限定だけどな!

Unityやってる情報の授業ってなかなか、ないよね!
特徴を出す意味でもこれは、実現したらいいかも。

どうなるかはわかりませんが、なにか動きがあればお伝
えしまふ。

f:id:koharuwest:20171116223615p:plain