あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

まいにちあいぱす 平成29年秋 問80 ISMS 問81 プログラム言語 問82 USB

マシン語はプログラム言語なのか?という命題。

f:id:koharuwest:20171101224451p:plain

まいにち、平成29年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。(1回3問程度です)

問80
ISMS適合性評価制度において、組織がISMS認
証を取得していることから判断できることだけを全て
挙げたものはどれか。

a 組織が運営するWebサイトを構成しているシス
  テムには脆弱性がないこと
b 組織が情報資産を適切に管理し、それを守るため
  の取組みを行っていること

c 組織が提供する暗号モジュールには、暗号化機能、
  署名機能が適切に実装されていること

ア a
イ b
ウ b、c
エ c


問81
コンピュータに対する命令を、プログラム言語を用い
て記述したものを何と呼ぶか。

ア PINコード
イ ソースコード
ウ バイナリコード
エ 文字コード

問82
USBに関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア PCと周辺機器の間のデータ転送速度は、幾つか
  のモードからPC利用者自らが設定できる。

イ USBで接続する周辺機器への電力供給は、全て
  USBケーブルを介して行う。

ウ 周辺機器側のコネクタ形状には幾つかの種類があ
  る。

エ パラレルインタフェースであり、複数の信号線で
  データを送る。

 

(解答と解説)

問80
ISMS適合性評価制度ってなあに?というお話です。

情報資産が適切に管理されているか、ということを第
三者機関が認証する仕組みなので
「イ」が正解になります。

問81
「命令を」「プログラム言語を用いて」記述したもの。
うーん。アエは明らかに違います。

イ ソースコード
ウ バイナリコード

これ、どっちでもいいような気がするんですけどね。
(バイナリは2進数だが、これをアセンブリプログラ
 ムすることも、まあ可能といえばそう。)
厳密にいえば。


問題の意図も分かるのですが、ウはマシン語ですし。
プログラム言語をどのように定義するかによる気がし
ます。が、まあ「イ」なんでしょうけど。


問82
ア PCと周辺機器の間のデータ転送速度は、幾つか
  のモードからPC利用者自らが設定できる。
できない。あくまで規格の兼ね合い。

イ USBで接続する周辺機器への電力供給は、全て
  USBケーブルを介して行う。
全てではない。足りない場合もある。

ウ 周辺機器側のコネクタ形状には幾つかの種類があ
  る。
あるある。

エ パラレルインタフェースであり、複数の信号線で
  データを送る。
シリアルインターフェースです。パラレルのものって
逆に今は少ない。

正解は「ウ」になります。

以上です!
また次回もよろしくおねがいします!