にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにちあいぱす 平成29年秋 問53 プロジェクトマネジメント  問54 内部統制 問55 システム要件定義

昨日は暗黒面な感じでごめんよぅ。
今晩「りゅうおうのおしごと」「ポプテピピック」そ
して大好きな「高木さん」をみて、和むことにするよ。

 

f:id:koharuwest:20170917233326p:plain

これにて、マネジメント編終了です!
次回からテクノロジになりますので、よろしくお願い
します。

まいにち、平成29年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。(今回も3問!)

今回は53問/100問 
そして54問/100問
   55問/100問です。


問53
システム開発プロジェクトにおいて、次のような決定
を行うプロジェクトマネジメントの活動として、最も
適切なものはどれか。

スケジュールを短縮するために、投入可能な要員数、
要員投入に必要な費用、短縮できる回数などを組み合
わせた案を比較検討し、スケジュールの短縮が達成で
きる案の中から、投入する要員数と全体の費用が最小
になる案を選択した。


ア プロジェクトコストマネジメント
イ プロジェクト人的資源マネジメント
ウ プロジェクトタイムマネジメント
エ プロジェクト統合マネジメント


問54
内部統制を機能させるための方策として、適切なもの
はどれか。

ア 業務範囲や役割分担を示す職務記述書を作成しな
  い。

イ 後任者への引継ぎ書を作成しない。

ウ 購買と支払の業務を同一人に担当させない。

エ システム開発と運用の担当を分離しない。


問55
システム開発のプロセスには、システム要件定義、シ
ステム方式設計、システム結合テスト、ソフトウェア
受入れなどがある。システム要件定義で実施する作業
はどれか。

ア 開発の委託者が実際の運用と同様の条件でソフト
  ウェアを使用し、正常に稼働することを確認する。

イ システムテストの計画を作成し、テスト環境の準
  備を行う。

ウ システムに要求される機能、性能を明確にする。

エ プログラム作成と、評価基準に従いテスト結果の
  レビューを行う。

 

 


(解答と解説)

問53
スケジュールを短縮するために(タイム)
投入可能な要員数(人的資源)
要員投入に必要な費用(コスト)

これらを

組み合わせた案を比較検討(統合)

しているので、正解は「エ」になります。
プロジェクトマネジメントではこのように様々な視点
を統合したものの考え方を要求されます。


問54
内部統制とは悪いことをしないようにするための組織
づくりです。職務分掌ともいいますが。

設問の中では「ウ」が適切です。


問55
システム要件定義はどれか?という問題ですが。

ア 開発の委託者が実際の運用と同様の条件でソフト
  ウェアを使用し、正常に稼働することを確認する。

受入です。

イ システムテストの計画を作成し、テスト環境の準
  備を行う。

結合テストです。

エ プログラム作成と、評価基準に従いテスト結果の
  レビューを行う。

プログラミングですね。

ウ システムに要求される機能、性能を明確にする。

これが正解になります。「ウ」です。

次回はテクノロジ編になります!