にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

まいにちあいぱす 平成29年秋 問17 問18 問19 問20



f:id:koharuwest:20180123215330p:plain

まいにち、平成29年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。(1日2問ペースで行きます!)


問17
コンカレントエンジニアリングの説明として、適切な
ものはどれか。

ア 既存の製品を分解し、構造を解明することによっ
  て、技術を獲得する手法

イ 仕事の流れや方法を根本的に見直すことによって、
  望ましい業務の姿に変革する手法

ウ 条件を適切に設定することによって、なるべく少
  ない回数で効率的に実験を実施する手法

エ 製品の企画、設計、生産などの各工程をできるだ
  け並行して進めることによって、全体の期間を短
  縮する手法

問18
技術開発の推進において、進捗を評価したり、関連技
術との整合性をチェックしたりする際に、例示したよ
うな図が用いられる。このような、研究開発への取組
みによる要素技術や、求められる機能などの進展の道
筋を時間軸上に記載した図を何というか。

f:id:koharuwest:20180225000808p:plain


ア 管理図
イ 特性要因図
ウ パレート図
エ ロードマップ

問19
ソフトウェアライフサイクルの主プロセスを、企画、
要件定義、開発、運用、保守に分けたとき、要件定義
プロセスで実施する作業として、適切なものはどれか。

ア 開発されたシステムが決められた仕様に合ってお
  り、実際の稼働環境で利用可能であることを確認
  するためのテストを行う。


イ システム開発の外部委託の内容と条件を委託先に
  提示し、具体的な実施内容と費用見積りを入手す
  る。


ウ ソフトウェアの開発作業が実施できるように、シ
  ステム内で使用する各種データの書式やデータベ
  ースの構造を詳細に決定する。


エ どのようなシステムを構築するかを、機能、性能、
  利用方法などの観点で、利用者側と開発者側で明
  確にする。



問20
売上高営業利益率が最も高い会社はどれか。

        A社  B社  C社  D社

売上高     100 200 100 400
売上原価     60 140  80 200

(  )利益   40  60  20 200
販売管理費    10  10  20 160

(  )利益   30  50   0  40
営業外損益   -20  10  20 -20

(  )利益   10  60  20  20


注記 網掛けの部分は(※カッコの中は)、
   表示していない。


ア A社
イ B社
ウ C社
エ D社 

 

(解答と解説)


問17
消去法で行きましょう。
エンジニアリングなんで、開発かな?っていう思考で。

ア リバースエンジニアリングですね。

イ ビジネスプロセスリエンジニアリング
  (BPR)です。

ウ これ、ちょっと難しいですね。実験計画法といい
  ます。

エ これが正解になります。コンカレントとは「並行」
  という意味です。

問18
よくCPUなんかの特集記事で見るあれです。


ア 管理限界など、3本の線をイメージします。違い
  ますね。
イ 別名フィッシュボーン図といい、魚の骨のような
  形をしています。違います。
ウ ABC分析で使用される、棒グラフと折れ線グラ
  フのコンビのあれです。違いますね。
エ 聞いたことのない、長ったらしい説明には、聞い
  たことのない用語が正解になる典型的な問題です。

よって、正解は「エ」となります。

問19
要件定義とはソフトウエアに必要な機能や条件を委託
者と受託者で確認する作業をいいます。

ア 開発されたシステムが決められた仕様に合ってお
  り、実際の稼働環境で利用可能であることを確認
  するためのテストを行う。

導入テストですね。運用プロセスです。


イ システム開発の外部委託の内容と条件を委託先に
  提示し、具体的な実施内容と費用見積りを入手す
  る。

  RFIですね。導入プロセスです。


ウ ソフトウェアの開発作業が実施できるように、シ
  ステム内で使用する各種データの書式やデータベ
  ースの構造を詳細に決定する。

  システム詳細設計でしょうか。開発プロセスです。


エ どのようなシステムを構築するかを、機能、性能、
  利用方法などの観点で、利用者側と開発者側で明
  確にする。

  これが要件定義になります。正解は「エ」です。



問20
( )の中を埋めてみます

        A社  B社  C社  D社

売上高     100 200 100 400
売上原価     60 140  80 200

売上総利益    40  60  20 200
販売管理費    10  10  20 160

営業利益     30  50   0  40
営業外損益   -20  10  20 -20

経常利益     10  60  20  20


売上高営業利益率は、売上利益の中に占める営業利益
の割合を求めるものです。よって、


   営業利益  / 売上高     = 
A社  30    100     0.3
B社  50    200     0.25
C社   0    100       0
D社  40    400     0.1


計算の結果、A社が一番高くなります。
よって答えは「ア」になります。

 

 

次回もよろしくお願いします!