あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ




本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。


「あいぱすくえすと」は情報処理技術者試験とITネタのブログです
北海道に住む、にしのA(資格学校講師)とにしのF(情報科教員)が書いています。
記事は隔日更新しています  ※詳しくは「ブログについて」を読んでね。

<ITパスポート試験についての過去記事へ>
2019年4月から内容が変わります
合格するためには?
お勉強をはじめよう
ITパスポートって役にたつの?など(FAQ)

あいぱすくえすと シーズン2(37)OR

ど、土日も仕事っ・・・

f:id:koharuwest:20171205220604p:plain


超初心者向けに、コンピュータの面白さを伝えたい連載
でございます!なるべく、わかりやすくしていきたいと
思っています。よろしくです。


※上級者の皆様、細かいところで色々ありますが、わか
 り易さ優先で作ってまーす。お手柔らかにです。

※あいぱすくえすとシーズン2は50回で終了の予定で
 す。その後は、問題解説1日3問!がスタートです。


ORとは、数学的・統計的なアプローチで、物事を決定
しようとする考え方です。なかなか、面白いので読んで
みて、興味を持ったら調べてみてくださいっ。

RERT

アローダイアグラムを使って最短でプロジェクトが完成
する日を予測する。
※クリティカルパスとかマイルストーンとか、そのへん
 のやつです。どこかで説明しますね。

線形計画法

複数の製品を作る時、どのような組み合わせで利益が最
大になるか計算する。


例題 

1日にA商品は10個、B商品は20個最大で作ること
ができる。

しかし、工場の生産能力は1日20個だ。A商品で1こ
あたりの利益が100円。B商品で50円のとき、どれ
をどのくらい作ると利益は最大になるだろうか。


解答例

こういうのは、極端なパターンを示すとわかりやすいで
す。

Bを最大の20個、Aを0個にした場合
利益は1000円です。

逆にAを最大の10個、Bを穴埋めで10個にした場合
1500円になる。なので、Aを最大値にしたほうがよ
さそうなのがわかる。

ゲーム理論

他社の選択を考慮しながら、自分の選択を決める理論。
「囚人のジレンマ」などが有名です。

これ、wikiなどで調べてみると面白いので、ぜひに!

次回もよろしくお願いします!