にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

ネスペのあれれ? その6 ルータは冗長、気分も上々VRRPのしくみ

思わず、あれれ?って思ってしまう。知ってるのに実
はあまり解らないかもしれない。プロでもちょっとは
間違えるかもしれない?ネスペの知識をおさらいする。
傍若無人な連載「ネスペのあれれ?」


今回は第6回でございます。


「ネスペちゃん29」好評発売なうでございます。プ
ライム会員なら、無料で読めちゃいます。ネスペ愛に
満ちた攻略同人誌。よかったら、ご一読ください。


さて、今日のお題は近年頻出の「VRRP」です。


ツイッターでリクエストをいただきました。ありがと
うございます。ツイッターの方なんですが、個別の質
問はありがたいのですが、お受け出来ないのです。


私ごときに嬉しいんです。ホントですよ。でも、量も
量だし、1人答えてしまうと不公平だし。

ただ、なにか取り上げてもらいたいものがあれば、お
返事はしないかもですが、コメント欄やツイッターに
いただければと思います。


参考にさせてもらいます。必ず取り上げる、というの
はできないのですよ。ごめんね。

解説しよう

VRRPとは物理的に複数のルータを一つの仮想ルータ
として扱う技術です。こうすることで、ルータの冗長
化(なんかあったときのバックアップがある状態)を
行うことができます。

※ネスペの問題でサーバに設定するパターンもでてき
ました。つまり、物理的なルータに限らない技術だと
いえます。


VRRPに設定されるルータはマスタルータとバックアッ
プルータに分けられます。マスタルータは定期的にバ
ックアップルータに向けて「生きてるよ」というメッ
セージ(VRRPメッセージ)を送信しています。このメ
ッセージが途絶えた時、バックアップルータはマスタ
ルータの設定を引き継ぎ、マスタルータとして稼働し
ます。


PC側からは、仮想IPアドレスを設定したVRRPルータ
をデフォルトゲートウェイとして扱い、稼働します。
特にマスタとバックアップを意識する必要はありませ
ん。

通信の手順

(通常時)

PC

SW2
↓   ↓
マスタ バックアップ
↓   ↓
SW2

※バックアップにもフレームは流れますが破棄されます。


(マスタダウン)
PC

SW2
    ↓
マスタ バックアップ(マスタに変身!)
    ↓
SW2

※IPアドレスの書き換えは起こりませんが、
    SW2のMACアドレステーブルはバックアップのポート
   に書き換えます。


こんなんでましたけど。以上です。