あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ




本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。


「あいぱすくえすと」は情報処理技術者試験とITネタのブログです
北海道に住む、にしのA(資格学校講師)とにしのF(情報科教員)が書いています。
記事は隔日更新しています  ※詳しくは「ブログについて」を読んでね。

<ITパスポート試験についての過去記事へ>
2019年4月から内容が変わります
合格するためには?
お勉強をはじめよう
ITパスポートって役にたつの?など(FAQ)

試験講評を読んでの感想みたいな

街角で

女子アナの方がお仕事しているのを目撃することができ
た。いまは4Kとかいってるからね。お化粧が特殊とい
うか・・・塗ってますよね。

なかなか、大変なお仕事だなあと思った。来世もきっと
そっちには進まないような気がする。

やっぱり、パソコンのある時代に生まれてきたいなあ。

FMTOWNSとかPC9801とかその辺に生まれてきたい。
兄上たちの世代が、パソコンは一番面白いんじゃないかな
あ。

本題に行こうか

<情報処理安全確保支援士>

試験講評を読んで思ったのは。やはり、セキュリティとは
いいながらも。セキュリティの知識だけではなく、その根
本にあるネットワーク知識がきちんとないと、合格するの
はなかなか難しい。

今回で言えばHTTPSのセッションの話とか、ARPと
テーブルの話とか。SAMLとかさ。正直、「それネスペ
やん」みたいな内容を把握する必要がある。

セスペ落ち続けてる人で、点数が10点くらい低い人は実
はざーっとでいいので、ネスペの勉強するといいかもしれ
ん。ネットワークの知識があれば、脆弱性への対策とか。
技術的にどうすればいいか理解できるからね。