にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

元東大生に学ぶ、勉強への考え方 その3(最後)

ースランプとか、そういうのはなかった?

のん
「あるよ、あるある。全然成績が上がらなくなるとかね。でも、
 それはやり方が悪いので。やり方そのものを変えたり、アプ
 ローチを変えたりする。今までのやり方に固執したり、変な
 プライドみたいなの持っちゃうと、ドツボにはまると思う。」

ー勉強したくないとか、そういう感じにならなかった?

のん
「それもあるけど、基本的に勉強することが好きなので。あと、
 合格したらこうしよう!とか、試験が終わったらこうしよう!
 って楽しいことを考えるのが大事かな。ご褒美がないと、な
 んで目標を目指してるのかわからなくなるよね。」

ーまとめるけど、勉強ってどういうことだろう。

のん
「勉強は楽しいもの。でも、時間とかかけたくないから。いか
 に効率的に、効果的に頭のなかに入れるか。そういう戦略を
 考え続けるもの。あっちゃんの言うとおり「競技」だと思う。」

ー情報処理技術者試験について、どう思う?

のん
「よくわからないけど、専門分野の国家試験なんだから。きっ
 とそのジャンルを勉強して「楽しい」って思えないと難しい
 んだろうね。楽しいと思えるように、いかにしてなるか!な
 のかな?」

ー情報処理技術者試験を目指す、読者の皆さんに何か。

のん
「勉強はとにかく、楽しんでやることだと思います。天才的に
 頭がいい人ってのはホントに少数で。私のようにそれ以外の
 人はもう「戦略」がポイントだと思います。がむしゃらに自
 分なりのやりかたを模索しましょう。で、コツコツと積み上
 げることです!」

ーありがとー!質問コメ欄に書いてくれたら本人に聞いておき
 ます!

(おしまい)