にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

午後問題にむけてのちょっとしたアドバイス その2

しつこいようですが、詳しくは「セスペちゃん29」をよろしくっ

午後問題は解いているかな?

午後問題には明確な解き方があり、解答の仕方があります。その考え方
を身につけて本番に臨みましょう!

「オウム返しでなんとかなる」こともある

IPAは割と丁寧に解説を入れてくる。上に、それを設問にしがちなので。
たとえば、平成28年春午後1の2

f:id:koharuwest:20170323220555p:plain
こういう問題文に対し、問いでは。

f:id:koharuwest:20170323220647p:plain
こんな問題なのだが。

これは、CONNECTメソッドをよく解らなかったとして。

XXXXする仕様。と答えなければならないので、

「プロキシサーバからサーバとの間のトンネルを確立する。」(本文から)
「ホスト単位で」(問題文から)

合わせて
「ホスト単位でトンネルを確立する仕様。」(18)

くらい書いておけば、中間点は貰えるだろう。(作者の独自の見解です)
こんなふうに解いていく。

文中にあるCONNECTメソッドの説明と言うか、概要を抜き出してとりあえ
ずつなげて書いてみるだけで、それなりに点数になる。

専門学校生なんかでありがちなのは・・・
「満点の解答が書けないから無理」と折れてしまうこと。

それよりも、満点を諦めて
「数点でもいいから取りたいな!」と考えるのか。

正解は後者のように思う。午後1は60点取れば合格なので。
40点をどう、捨てられるかを考え。わからない問題でも掠め取ろうという
姿勢が大事なのであ~~~~る。