あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

あいぱすのこころ「合格するための戦略とは」その2

中間問題がなくなって、まだ2年ほどです。私も確実に、こう!
というほど経験を積んでいないので。あくまで私の考えですが。


1 マネジメントとストラテジでやっぱり勝負だ

テクノロジに比べ、新傾向の問題が少ないことと。テクノロジより
試験範囲の内容が多岐にわたっているわけではありません。

たしかに、暗記に頼るような部分が大きいジャンルではありますが。
同時に「ブレ」が起こる可能性は低くなります。つまり、ここで安
定して点数を取れるようなら、ぐっと合格に迫ることができます。

それができれば・・・いや、そうなんですけどね。


2 セキュリティ・ネットワークの出題数が増加

IPA的にもトピックなのか、このジャンルの出題は多い気がします。
つまり、幅広いテクノロジの中でも狙いを絞り込みやすい部分です。

これは確実に点数を取れるようにしたいところです。


3 単に知識を問う問題は拾いたい!

中間問題がなくなってから、その名残は単問の中に紛れるようになりま
した。知識を使って問題を解くスタイルはところどころに現れます。た
だし、これは向き不向き、運にも左右されるので。解ければラッキー!
と、考えましょう。

それよりも、単に「これは何か」とか「説明として当てはまるのは?」
みたいな問題をズバッと、時間を省略して取りたい。そして、時間のか
かる問題に配分したいのです。

そのためには、比率は下がりましたが過去問の正解率を90%以上にあ
げたいものです。かつ、どうしてそれはそうなるのか・・・説明できる
ほどの知識量を心がけてください。