にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

DHCP

 

DHCPについて、ちょろっとまとめます。

動作について覚えてください(午後出題実績あり)
1 ノードは起動時にディスカバリパケットを送信し、DHCP検索
  ※ルータの先にはいけないっす
2 サーバが提案パケットを返信
3 IPアドレスは先着順で割り振り
4 IPアドレスをリクエストパケットとしてブロードキャスト
5 確認応答パケットを返信しアドレスを有効にする(リース期限も返信)
6 採用されなかったり、使わなかったIPアドレスはプールされる
7 ノードは電源切断時にリセットパケットを送信し、IPアドレスを返却

ポイントはDHCPはルータを乗り越えられないってことなんですが、
DHCPリレーエージェント機能」がルータにあれば
 DHCPはルータを乗り越えられます。

「おまけ」
「BOOTPプロトコル
 DHCPの前身となるプロトコルです。
 RARPやTFTPを利用してOSイメージやIPアドレスをサーバから取得、
 DHCPに比べて小さな情報をやりとりするようにできています。