あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

(2)無線LAN その2

無線LANのアクセス手順は・・・
1 アクセスポイントからビーコン信号発信
2 ノードがそれを選択
3 お互いにESSIDの確認
4 WPAにより認証


ESSIDは任意で作れるものとはいえ。な
るたけ、秘匿するべきです。ANYモードで
はESSIDを無条件にすることもできます
が、普通は拒否するべきでしょう。



そういえば、昔の認証はWEPでしたが、
WPAにとって替わられました。

WEPには暗号化に構造上の欠陥があって。
・MACヘッダが暗号化できない
・ユーザごとにキーストリーム変更できない
・生成方法に弱点(24ビットしかない鍵長)
なんてのがありました。


WPAでは
・ユーザ認証の追加、
・TKIP(暗号アルゴリズムを任意で変更可能)
などがあります。


アクセス方法では、CSMA/CD(衝突したら再送)
ではなく、CSMA/CAが採用されています。

衝突したら再送するCDと違い、そもそも衝突しな
いようにランダム時間を空けているのが特徴です。
が、どうしても公称値よりスループット低下します。


接続の方法では、
インフラストラクチャモード
 アクセスポイントを介して相互通信を行う
 (ふつうかな)

と、

アドホックモード
 アクセスポイントを介さずに通信を行う
 (PSPモンハンのイメージ)
があります。