にしのクエスト2

情報処理技術者試験と資格学校講師の日常

にしのクエスト2

(1)ルーティングの技術 その3

OSPF
リンクステート型 重み(コスト)という要素で経路判断
 コストが小さいほど通信速度が早いことになる
 サブネットマスクもOKだ


 SPFアルゴリズム
  最短経路優先アルゴリズム


 OSPFパケット
 10秒間隔でhelloをブロードキャスト、なにかあれば経路情報を書き換える

 

経路情報はエリアごとにおこない、あまり全部にやらないようにしている。

 

BGP4
 自律システム間(企業と企業の間)のルーティングを決めるもの。あんまり
 出ないけど、午前でちょっと出たかも。


MPLS
 IPヘッダではなくMPLSタグ(ラベル)を用いてルーティング。

大容量のパケットを移送するもん!ラベルと聞いたら優先度って

 こたえておくれ。あんまでない。