あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

まいにちあいぱす 平成29年秋 問3 企業の財務状況

今期は「高木さん」推しです。漫画原作も買ってしま
いそう。それにしても、高木さん巧すぎです。
f:id:koharuwest:20170910214839p:plain

まいにち、平成29年秋の問題を解いていきます。
問題の解き方や考え方をわかりやすく、解説してみる
連載です。

今回は3問/100問です。



問3
企業の財務状況を明らかにするための貸借対照表の記
載形式として、適切なものはどれか。


ア  借方    貸方
  資産の部  負債の部
        純資産の部


イ  借方    貸方
  資本金の部 負債の部
        資産の部


ウ  借方    貸方
  純資産の部 負債の部
        資本金の部


エ  借方    貸方
  資産の部  負債の部
        利益の部

 

 


(解答と解説)
これも簿記の経験があれば容易な問題ですが、簿記に
触れたことがなければ難しいかもしれません。


借方には資産、貸方には負債と純資産(資本)がきま
す。


イ 左に資本金はきません。そもそも資本金は純資産
  の一部です。


ウ 左に純資産はきません。


エ これを正解としたいところですが、利益・・・だ
  けではないのです。やっぱり純資産が正しい。間
  違えるならこれかなあ。


よって、正解は「ア」になります。


簿記・会計関係の問題は1~2問出る感じなので、勉
強してしまうのも手ではありますが、「捨てる」のも
作戦の1つかもしれませんね。


それでは、また次回をお楽しみに。