にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」な人、「ICT資格取りたい」人のためのブログです。
・ITパス、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(情報処理安全確保支援士)、ネスペ、デスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解は勤務先とは無関係です。また、試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・イラスト素材はAI CATCHER様のものを使用させていただいてます。素敵です!

↓ 電子書籍発売中です!「ネスペちゃん」「セスペちゃん」よろしくお願いです!
 
・作者のプロフィールはこちら  ・にしの作「資格本」電子書籍についてこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)みがまえるよりはやく  ・「にしのくえすと」プライバシーポリシー

あいぱすくえすと シーズン2(10)くらえ!神の御業!絶対参照っ!

ITパスポート試験(あいぱす)に関わる、情報処理の
基礎の基礎を面白く楽しくお話しする連載です。超初心
者に向けて、頑張ってやさしく書いています。これをき
っかけに。もっと知りたい!面白っ!そんな気持ちにな
ってくれたら、うれしいな!

f:id:koharuwest:20171121220648p:plain


今回は「絶対参照」のお話です。

エクセルのお話って、需要あるのかわかりませんが。楽
しくて書きすぎましたw

基本情報まで範囲が逸脱気味で、申し訳ないのですが。
もう少しお付き合いくださいませんか?

相対参照

たとえば、セルB1にA1とA2を足し算した結果を表示す
る場合は、B1に

=A1+A2

のように入力することになりますが、
もしこれを、下にあるB2のセルにコピーした場合、B2
のセルには

=A2+A3

のような式が入ることになります。

これを相対参照といい、最初に式にいれたセル同士の
相対的な位置関係を、コピーしても維持し続けること
になります。

ズレたら困るよ

ところがこれをやると、困るケースが出てきます。


A1が人数で、B1が人数の合計だとします。

割合を計算するために、常になにかをB1で割り続けた
い。そんなケースがあった場合。


セルC1に

=A1/B1

をやりたいが、下にコピーすると


=A2/B2


と割る側のセルの番地が移動してしまいます。
本当は


=A2/B1


としておきたいのにです。

もう、ズレたりしない

この場合、B1を絶対参照とすることで解決できま
す。具体的には$マークを付けて


=A1/$B$1


とします。こうすることで、下にコピーしても。

 

=A2/$B$1


このようにズレることはありません。

絶対参照とは「セルの番地を固定すること」と、覚え
てください。


もちろん、列だけを固定する

=$B1


行のみを固定する

=B$1


このような書き方もあります。

ちょっと基本情報の範囲っぽいですが、
次回は「関数」について書きたいと思います。

情報処理技術者試験大好きブログ「にしのくえすと」 Presented by にしこにしおAF