あいぱすくえすと

初心者でも大丈夫!IT資格を取ろうよ!

「あいぱすくえすと」から電子書籍発売中!
「ネスペちゃん」「セスペちゃん」出てます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

午前Ⅱ免除 情報処理安全確保支援士

IPAから、こんな発表がありましたね。

www.ipa.go.jp
要するに。大学院・大学や短大、専門学校でセキュリ
ティに関わる勉強ができる学科で、IPAが認定して
いる学科であれば。生徒さんは望めば2年間午前Ⅱを
免除されると。

約150時間以上の勉強をしなければならないようで、
単純に2年くらいかかると思われるので、本当に専門
の学科がある大学とかじゃないと難しいかもですね。

※基本情報の午前免除と、制度としては似てますね!
 基本情報は試験あるけど!

あと、登録は4年毎に更新され。学校は再び認定を受
けるため約8万円払わねばならぬという・・・。
(たぶん、学校は生徒から集めるんだろうけどね)

学生は2年間という期間必死で受検する(約6千円✕
4回)だろうし。

学校からは登録料を貰えるしで、IPA儲かりすぎで
しょ。しかも、合格したらしたで登録料や講習料がか
かる。

金儲けとしては正解だろうが、何を考えているんだろ
う。それでセキュリティ人材を増やすって・・・増え
るわけがないでしょうよ。

学生側からしても、午前Ⅱの免除ってたぶんそれほど
メリットは大きくないし。IPAも試験会場とか大変
じゃね?って思ったりする。

これをやるなら、認定された学科の履修を習得したら
「情報処理安全確保支援士、午後2免除」くらいでも
いいかもです。そのくらいしないと、増えない。

セキュマネ合格で、応用情報の科目一部免除(満点扱
い)とかどうよ。

そもそも、情報処理安全確保支援士という資格自体の
具体的な価値が見えてこないと、この一連の流れはか
なり無理があると考える。

セキュリティの人材を確保したいなら、セキュリティ
をやって得する構造にしないと人は増えないよね。

f:id:koharuwest:20171101224451p:plain