にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」な人、「ICT資格取りたい」人のためのブログです。
・ITパス、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(情報処理安全確保支援士)、ネスペ、デスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解は勤務先とは無関係です。また、試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・イラスト素材はAI CATCHER様のものを使用させていただいてます。素敵です!

↓ 電子書籍発売中です!「ネスペちゃん」「セスペちゃん」よろしくお願いです!
 
・作者のプロフィールはこちら  ・にしの作「資格本」電子書籍についてこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)みがまえるよりはやく  ・「にしのくえすと」プライバシーポリシー

ネスペのあれれ? その7 羽生さん強いよね? スイッチングハブ

思わず、あれれ?って思ってしまう。知ってるのに実
はあまり解らないかもしれない。プロでもちょっとは
間違えるかもしれない?ネスペの知識をおさらいする。
たつき監督もビックリな連載「ネスペのあれれ?」

今回は第7回でございます。

さて、今日のお題は「スイッチングハブ」です。


ここで、あからさまな宣伝です。
「ネスペちゃん29」「セスペちゃん29」好評発売
ちゅ!でございます。ネスペ愛・セスペ魂に満ちた攻
略同人誌がなんとワンコインで!よかったら、ご一読
ください。

スイッチングハブの機能とか役割についてご存知です
か?そうそう。マングースにやられて・・・こら!

そもそも、ハブとスイッチングハブはどう違うのでし
ょうか?なんとなくは、分かるんだけど説明せよとい
われると、自信なくなりませんか?

ふふふ、安心してください。

解説しよう

スイッチングハブ(L2SW・L2スイッチ)

仕事は3つあります。

(1)コリジョンドメインの分割
いわゆるブロードキャストが到達する範囲を制限する

(2)MACアドレスによる通信の制御。
MACアドレスとポート番号を対応させるMACアド
レステーブルを所有

(3)スパニングツリー、リンクアグリゲーションの
実現。VLANの処理。

これは、ちょっと長くなるんで放置しますw

ハブとスイッチングハブの違い

ざっくり。ハブ単なる集線装置で、全てのポートに同
じパケットを流しますが、スイッチングハブはどのポ
ート流すかを判断します。

スイッチングハブの流れ

(1) ケーブルがつながってきたね。このポートはM
   ACアドレスがXXXXのPCがつながってる
   ね。MACアドレステーブルに記録しておこう。

(2) お、なんだかパケットが流れてきたぞ。ふむふ
   む、このMACアドレスは知ってる。ポートX
   X番に流しちゃおう。

こんな感じでしょうか。

さて、ここまでやってみると

MACアドレステーブルってなんだ?ARPテーブルと
は違うの?

STPってOSPFとかRIPとどう違うの?

リンクアグリゲーションて?

VLANってSW2なの?

そんな疑問が吹き出してきたのではないでしょうか?
では、続きは次回っ!

※リクエストあれば、ツイッターにメッセージをくだ
 され。

情報処理技術者試験大好きブログ「にしのくえすと」 Presented by にしこにしおAF