にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」な人、「ICT資格取りたい」人のためのブログです。
・ITパス、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(情報処理安全確保支援士)、ネスペ、デスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解は勤務先とは無関係です。また、試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・イラスト素材はAI CATCHER様のものを使用させていただいてます。素敵です!

↓ 電子書籍発売中です!「ネスペちゃん」「セスペちゃん」よろしくお願いです!
 
・作者のプロフィールはこちら  ・にしの作「資格本」電子書籍についてこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)みがまえるよりはやく  ・「にしのくえすと」プライバシーポリシー

ネスペのあれれ? その2 サブネットマスクとサイダー

思わず、あれれ?って思ってしまう。知ってるのに実
はあまり解らないかもしれない。ネスペの知識をおさ
らいする。業界騒然(?)の連載「ネスペのあれれ?」


今回は第2回でございます。


ちなみに、拙書、電子書籍「ネスペちゃん29」発売
しております。O主任ファン必読です(嘘)よろしく
お願いします。

さて、今日のお題。
「サブネットマスクとサイダーの
 違いってなあに?」

です。

f:id:koharuwest:20170911220342p:plain

サブネットマスクって、YMOの・・・
それBEHIND THE MASKや(古)

サイダー飲みたい!
俺も!っておい!

志村けんのあれでしょ?
ダッフンダーやそれ。サイダーと全然やないか!

解説しよう

サブネットマスクとは?

IPアドレスをホストアドレスとネットワークアドレ
スに分割するときに使うものです。ネットワークアド
レスとはネットワークそのものを示すもので、ホスト
アドレスはそのネットワークに所属するコンピュータ
などのこと。

そうだなあ、例えるならネットワークアドレスは「野
球部」「サッカー部」「卓球部」、ホスト名は「高橋
くん」「佐藤くん」「西野くん」でしょうね。


プライベートIPアドレスでは
クラスA(先頭の8bitがネットワークアドレス)
     サブネットマスクは255.0.0.0

クラスB(先頭の16bitがネットワークアドレス)
    サブネットマスクは255.255.0.0

クラスC(先頭の24bitがネットワークアドレス)
    サブネットマスクは255.255.255


このように規定されていますが、
たとえば400台でネットワークを構成する時。


クラスCだと254台しかアドレスを割り当てることが
できず。クラスBだと約6万5千割り当てることができ
ますが、多すぎて・・・こういうときに、サブネットマ
スクを変えることで、クラスを超えて管理者がホストア
ドレスの数を変更することができます。


たとえば、サブネットマスクを

11111111 11111111
11111111 00000000

から

11111111 11111111
1111111 00000000


こうすることで、512台使えるようになります。
400台だとちょっと余裕があっていい感じです!

サイダーとは?

サイダーはこのサブネットマスクを利用して、「経路
を束ねる」というのが本来の仕事です。

書き方は
121.121.0.0/24
と書きます。/24の意味は上位24bitをネッ
トワークアドレスとして使うよーの意味です。


よって、サブネットマスクは
11111111 11111111
11111111 00000000
です。


たとえば、そもそも違う2つのネットワーク
A 121.121.0.0/24
から
B 121.121.7.0/24
のネットワークをサイダー!すると。

(記事の都合で後ろの16bitだけ載せます)

 

A 00000000 00000000

B 00000111 00000000

の経路をまとめます。前半の部分が共通しています。

A 00000000 00000000
B 00000111 00000000

サブ11111000 00000000

なので、121.121.0.0/21
と、表現しプライベートIPアドレスを節約するこ
とができます。


今回の説明、いかがだったでしょうか。
シュワっと分かっていただけたでしょうか。
サイダーだけに・・・。

情報処理技術者試験大好きブログ「にしのくえすと」 Presented by にしこにしおAF