にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」「ICT資格取りたい」な人のためのブログです。
・あいぱす、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(安全確保支援士)、ネスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解はあくまで私人としてのもので、勤務先とは一切関係ございません。
・資格試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・作者のプロフィールはこちら
・にしの作「資格本」電子書籍についてはこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)「みがまえるよりはやく」

・にしのくえすとプライバシーポリシー

あいぱすくえすと(1)知的財産権の基本

新連載スタートです

「あいぱすくえすと」と題して、ITパスポートをこれから勉強する皆
さんにむけて、20回くらいかな?連載をしていきたいと思います。

レベルとしては、初学の高校生に「おや?俺もITパスポートいけるん
ちゃう?」って勘違いしてもらえるような内容でいきたいと考えていま
す。逆にもう、勉強している人には簡単すぎるかもしれません。

それでも頭の内容を整理するという意味では役に立ちます。ぜひ、一緒
に勉強してみませんこと?

知的財産権とは

制作物の権利全般を言うんだけど。2つに分けると。
・産業財産権
・著作権
になると思ってくれ。

この親子関係を忘れてしまうと、「産業財産権に含まれる著作権が・・・」
とか、「著作権と知財権は同一でさあ。」とかいうマヌケな感じになる
ので忘れんでほしいです。

産業財産権

じゃ、産業財産権はなにかというと。特許庁への申請が必要なもの。
しかも、原則早い者勝ちで権利が貰えるもの。これらをいいます。

・特許権「発明を保護する」
・実用新案権「いまある製品の新しい使い方を生み出す」
・意匠権「デザイン
・商標「ロゴマークや商品名
・ビジネスモデル特許「新しい商売の方法

詳しい内容はここでは省くけれどこの5つは覚えて欲しい。んで、「」
の中身がキーワードになってるので。「洋服のデザインは何権?」みた
いな問題はさくっといけるようにしてね。

著作権

著作権はなかなか、ややこしいので。詳しい説明は本におまかせすると
してよく聞かれることだけをあげると。

作者の死後50年間有効。映画は公表後70年。
申請不要(特許庁とかいらない)
・違反は親告罪(権利を侵害された人が訴えなきゃダメってこと)
・著作者人格権の譲渡はできない(人格権については読んでおいてくれ)
引用には「自分の文章と区別する」などのルールがある。
派遣先や仕事で行った著作物は特別な取り決めがなければ会社のもの。

また、著作権として保護されないものとして。
・時刻表や天気図など、誰にでも作れるものや、意味のない数列。
・アルゴリズムやプログラム言語そのもの。

たとえば、マニュアルなんかはこれに当てはまらないので著作物といえる。
バスの時刻表やダイヤなんかは、勝手に作って掲載しても著作物とはいえ
ないので、大丈夫だったりする。

著作権とソフトウエア

さあ、時間がなくなってきた。ソフトウエアの著作権について。


・フリーウエア 無償のソフトのこと。
・シェアウエア 有料ソフトのこと。
パブリックドメイン 著作権が切れ・放棄され、自由に改変・再配布可能。
OSS 有志による共同開発ソフトウエア。
 ソースの「公開」は義務。だが、「有料化」可能「改造」可能「再配布」可能。

特によく出されるのが太字の2つです。パブリックドメインは「著作権の放棄」
ってよく出されて。わかってる子ほど「え?著作権は放棄できないんじゃ?」み
たく考えてしまう。

実はアメリカでは著作権の放棄は可能なので(日本は不可)間違えないように。

OSSも、勝手に仕事に合わせて改変したり、有料にすることは。ソースさえ公
開してるなら問題ない。CentOSとかいろいろプロジェクトがあるので興味
があれば、調べてみてください。

情報処理技術者試験お勉強ブログ「にしのくえすと」 Presented by にしのA&F