にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」な人、「ICT資格取りたい」人のためのブログです。
・ITパス、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(情報処理安全確保支援士)、ネスペ、デスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解は勤務先とは無関係です。また、試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・イラスト素材はAI CATCHER様のものを使用させていただいてます。素敵です!

↓ 電子書籍発売中です!「ネスペちゃん」「セスペちゃん」よろしくお願いです!
 
・作者のプロフィールはこちら  ・にしの作「資格本」電子書籍についてこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)みがまえるよりはやく  ・「にしのくえすと」プライバシーポリシー

ひっかかるところ

あいぱす(シスアドも含めて)教えて15年

どうも、にしのFです。ひそかに、名前を行成から「まさのふ」
に変更しました。にしのAも限りなく実名に近いんで、僕もそ
れに合わせようかと。

さて、高校生に資格試験の指導を続けて長いことになります。
教え子たちにはSEになったり、どこぞのゲーム会社にいる奴
もいます。国家試験レベル1のその名の通り、ここを入り口と
してIT産業に飛び込んでいく人材を育成できたのは、ちょっ
とした自慢です。

振り返ると、シスアドからITパスポートまで。そしてITパ
スポートは誕生から今まで、実にいろいろな変化をしてきまし
た。

ITパスポートの歴史を振り返る。

大きな変化は
(1)CBTの導入
(2)中間問題の廃止
(3)シラバスの変化
この3つだといえます。

(1)は紙媒体がなくなったことで、全員同じ問題ではなくなり。
そのかわり、試験がほぼ毎週受験できるという状況になりました。

(2)もご存知だと思いますが、中間問題がなくなりその要素が
他の問題に移ったことで、全体の難易度が上がりました。
※中間問題をある程度捨てる・・・みたいな戦略を取れなくなり
 ました。単問の難易度がそこそこ低かったのです。

(3)はネットワーク・セキュリティ分野の強化。さらにはスト
ラテジのより実務的な内容への変化。これは高校生には正直厳し
い変化です。用語を本当の意味で理解してないと、解けなくなり
ました。

今も昔も

それでも、現役の高校生たちはSIMとかWiFiみたいな用語に一喜
一憂しながら毎日勉強をしています。

昔からそうですが、コンピュータやスマホに慣れ親しんでる世代
ですのでテクノロジの範囲はめっちゃできます。逆に、ストラテ
ジやマネジメントは政治経済みたいで面白くないようです(笑

まあ、そうですよね。ビジネスネタはなかなか高校生にはピンと
こない内容かもしれません。

現役生にとってはこの「ストラテジ」「マネジメント」をどう頑
張るかが勝負の鍵になります。近年は難しい問題が増えていて、
厄介なのですが。このへんをどう教えていくかというのが僕のこ
こ10年位の課題ですね。

あ、気づいたかもしれませんが。僕の年齢はにしのAさんよりも
上です。その差2桁まではいかないですけど。

結婚するとき「犯罪じゃね?」「ロリ!」みたいないわれ方をし
たのを覚えています。Aさんの精神年齢は高いので、まあいいじ
ゃないかと思っているのですが。

情報処理技術者試験大好きブログ「にしのくえすと」 Presented by にしこにしおAF