あいぱすくえすと

情報処理技術者試験大好き!とコンピュータ教育ブログ

本ブログから電子書籍でてます!よろしくお願いします!
 
※Amazon kindle版 <詳しくはメニュー内の「電子書籍」読んでね。

資格学校の講師になりたい?

某うどんチェーン

お昼ごはんを食べようと、トレイをもって列に並んでいた。
with 夫。私の前にはサッカーの前園さんっぽい人がいて。

やたらテンション高くて。店員さんにめっちゃ話しかけて
いた。

「裏メニューとかあんの?」「お得な注文方法ってある?」

で、店員さんが丁寧に答えると、いちいち。

「おお!!」「あー!!そうなんだ!!」とオーバーリア
クション。

いや、ここが高級イタリアンやフレンチならまあ許そう。

ここは製麺じゃ。そんなものはNAVERまとめとかで調べと
け。後ろの列に並ぶ人は皆イライラしておるぞ。

資格学校の講師の話題

食いつきがいいですね。いわゆる資格学校の講師というのは。

(1)資格学校の講師
(2)専門学校の講師
(3)高校学校職業科の講師
(4)大学講師(資格取得を目的とした科目)
(5)企業向けの教育を行う講師

このぐらいでしょうが。(1)(2)が一般的なイメージ
ですよね。

私がイメージしてるものも同じものです。

どうやってなるのか

昨日も書きましたが。ほとんど求人は出ないですね。

私の場合は、大学時代の恩師からの紹介でした。情報処理技
術者関連の講師っていうのはわりと飽和状態なんですよ。

なので、単に資格だけもってるだけじゃダメです。私の場合
は元SEという肩書とかプログラミングとかMOSとか実技
系の指導もできるっていうのがポイントらしいです。

よく言われるのですが、教員免許状は確かいらないんじゃな
いかと思います(持ってますけど)ですが、教える技術とか
話す技術というのが必要ですし、生徒さんとコミュニケーシ
ョンを取る必要があるので。当たり前ですが「教師」として
の最低限度の資質は必要っぽいです。

そりゃ、小学生や中学生を相手にするわけではないので必要
以上なカリスマはいらんのですが。大学の講義も面白い先生
と面白くないセンセイがいたように。面白い先生は必要とさ
れるんですよね。

ということで、また質問があれば答えます。今週は「あいぱ
す」頑張ります。作業はようやく半分くらいかな?