にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」「ICT資格取りたい」な人のためのブログです。
・あいぱす、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(安全確保支援士)、ネスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解はあくまで私人としてのもので、勤務先とは一切関係ございません。
・資格試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・作者のプロフィールはこちら
・にしの作「資格本」電子書籍についてはこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)「みがまえるよりはやく」

・にしのくえすとプライバシーポリシー

あいぱすのこころ「過去問はどこまでやるべきか」

過去問の正解率を高めて本番に臨むのは戦略上、大変重要で。

とはいえ「過去問はどこまでやるべきか」という疑問を持たれた
方も多いと思う。

スペシャリスト試験で、春のみ・秋のみの試験では5年分といわ
れているし、両方ある場合は3年分6回位が目安とされている。

ITパスポートにおいても、同様であると思われます。
過去直近の3年分、6回で良いのではないでしょうか。

私は昔「ある分だけやれ、シスアドもやれ」くらいの指導をした
ことがあるのですが。生徒に「ADSLってなんすか?」とか
「ターミネータってなんすか?」「デイジーチェーンって?」と
か聞かれて困ったことがある。

情報処理技術者試験の問題は、簡単に老朽化するので(笑 鮮度
の高い問題に取り組むべきであろう。

あと、よく「オリジナル問題」みたいなのにも出会うが。個人的
な感想としては「IPA」のテイストとあまりにも違ったりする
ので、使ったことはないです。

まあ、そこは個人の好みになるかな?

情報処理技術者試験お勉強ブログ「にしのくえすと」 Presented by にしのA&F