にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」な人、「ICT資格取りたい」人のためのブログです。
・ITパス、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(情報処理安全確保支援士)、ネスペ、デスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解は勤務先とは無関係です。また、試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・イラスト素材はAI CATCHER様のものを使用させていただいてます。素敵です!

↓ 電子書籍発売中です!「ネスペちゃん」「セスペちゃん」よろしくお願いです!
 
・作者のプロフィールはこちら  ・にしの作「資格本」電子書籍についてこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)みがまえるよりはやく  ・「にしのくえすと」プライバシーポリシー

第2回「スキーマってなんだ?」

スキーマ」っていうのは別の言葉に直すと、
「構造」や「考え方」によく似ている。


たとえば、「朝ごはん」というデータベースを考えたときに、3つの捉
え方があって。


洋食スキーマ
和食スキーマ
中華スキーマ


それぞれの考え方によって、朝食は3通りの見方ができるわけだ。


コレと同じで、データベースでは「3層スキーマ」という考え方がある。
これはデータベース定義言語DDLによって定義されるもので。

外部スキーマ 利用者やアプリの要求する仕様や構造の定義
       (論理データの独立性
概念スキーマ 論理的なデータ構造を定義 外部と内部の中間。
       エンティティとリレーションの情報を持つ
内部スキーマ 物理的な格納構造の定義(物理データの独立性

この三種類の考え方で、データベースは成り立っているとする。
あと、細かい用語を解説すると。


論理的なデータ構造
なんの目的で、どのようなデータを必要としているかを決めることだ。
外部スキーマではそれを実現するために、アプリの設計をする。
内部スキーマでは物理的にそれをどんなふうに収納するかを決める。


論理データの独立性」とは?
アプリケーションの変更が論理データ構造に影響を及ぼさないように
すること。


物理データの独立性」とは?
物理的な変更が論理データ構造に影響を及ぼさないようにすること。

ごめん。概念的な話はちょっとむずかしい。難しいと思ったら飛ばし
てあとで読み返して欲しい。

情報処理技術者試験大好きブログ「にしのくえすと」 Presented by にしこにしおAF