にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


にしのくえすととは?
・「情報処理技術者試験大好き」な人、「ICT資格取りたい」人のためのブログです。
・ITパス、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(情報処理安全確保支援士)、ネスペ、デスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解は勤務先とは無関係です。また、試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


・イラスト素材はAI CATCHER様のものを使用させていただいてます。素敵です!

↓ 電子書籍発売中です!「ネスペちゃん」「セスペちゃん」よろしくお願いです!
 
・作者のプロフィールはこちら  ・にしの作「資格本」電子書籍についてこちら
・作者の日記系ブログ(不定期)みがまえるよりはやく  ・「にしのくえすと」プライバシーポリシー

IPとMACアドレスの変化

IP1/MAC1(私のPC) →IP2/MAC2(ルータ)

             ↓

             ↓

IP3/MAC3 (相手のPC)←IP4/MAC4(相手のルータ)

 

こういう構造だったとして
私のPCから相手のPCにパケットを送ろうとすると


送信元IP   IP1
送信MAC MAC1
宛先IP    IP3
宛先MAC     MAC2

こんな感じになります。なんで宛先MACをMAC3に
しないかというと、自分の近所にとりあえず相手が
いないから、ルータにぶん投げるイメージでいいか
と。

これが、ルータを通過すると

送信元IP   IP1
送信MAC MAC2
宛先IP    IP3
宛先MAC     MAC4

ここが書き換わります。ルータを通過するとMACアド
レスが変化します。IPは変化しませんね。

さらに、相手ルータ到達。

送信元IP   IP1
送信MAC MAC4
宛先IP    IP3
宛先MAC     MAC3

で、相手のところに到達します。

正確に言うとちょっと違うんですが、イメージとして
こんな感じで押さえてくれたらいいのかなー。

情報処理技術者試験大好きブログ「にしのくえすと」 Presented by にしこにしおAF