読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしのくえすと

情報処理技術者試験のお勉強ブログ


「にしのくえすと」とは?
・「情報処理技術者試験大好き」「ICT資格取りたい」な人のためのブログです。
・あいぱす、セキュマネ、基本、応用、セキュスペ(安全確保支援士)、ネスペ、デスペあたりの話題が中心です。
・申し述べる見解はあくまで私人としてのもので、勤務先とは一切関係ございません。
・資格試験に関する記事は、自己責任でご利用ください。


新刊のお知らせです!
20170310230011
・電子書籍第2弾!「セスペちゃん29」発売中!(Kindle版)
 午前対策+27春秋・28春秋午後解答ライブ収録!
 情報処理安全確保支援士対応!練習問題付き約150Pの攻略同人誌!

 
電子書籍発売中です!
20161022221039
・初の電子書籍!「ネスペちゃん28」発売中!(Kindle版)ver1.1

作者の日記系ブログ
みがまえるよりはやく  より「にしの」コアな方はこちらもよろしくです。

広告



君たちの情報処理技術者試験に賭けた情熱は

にしのFにっき

「セスペちゃん29」発売中です。一生懸命監修しました。
ミスがないように祈り続けています。よかったら、お願いします。

にしのA(あゆみ)さんは、本当にこの「にしのくえすと」
楽しそうです。あっちのほうも、今日あたり更新するんじゃ
ないかな・・・とは思いますが。

コメントもバシバシ返すみたいなんで、なんか書いてあげて
くださいませ。よろしくお願いします。

さて、夫のにしのFですです。あゆみさんがAなのは分かる
けど、私はなぜFなのでしょうか?

まあ・・・わかりますよね。個人的にはAの方が好きなんで
すけどね。まんが道とか。

私も今回は情報処理技術者試験の思い出について書こうと思
っています。

初めて私が受検したのは結構おとなになってからです。

なぜ、受験しようと思ったかというと。どこかで書いたかも
しれませんが、教える立場のプロとしてお子様たちにバカに
されたくなかったからです。

高校生くらいになると基本情報くらいは取りますし、応用情
報もたまに出ます。スペシャリストも稀に出るんですよね。

そういうお子さんに対峙していくためには目に見える威圧が
必要なわけです(笑 資格は分かりやすく、明確な尊敬の的。

いやあ、でも緊張したなあ。「先生、明日受けてくるからな!」
とか妙な宣言をして落ちることができなくなった。自分で自
分にプレッシャーを与えすぎて潰れそうになりました。

あ、次回はこの続きかな。

人生で大事なことはみんなゲームで学んだか

にしのAにっき

私は「情報処理技術者試験が好き。」このブログやってよかった。

友達にもいえない、友達に言ったら引かれる趣味を堂々と書ける
この喜びったらないよっ!

しかも、好きすぎて電子出版までしちゃいました。セスペちゃん29よろしくお
願いします。今のところ、「あっ!」っていうの
はあるけど。致命的なエラーは
まだないです。いい感じみたいで
す。よろしくお願いしますよろしくお願いしま
す。


女子会はパソコンが好き。っていうだけでも、友達を選ぶねぇ。

ゲームも好きだけど女の子って、みんな「星のカービィ」とかじ
ゃないですか。私は小学生の時「ファイナルファンタジータクテ
ィクス」がむっちゃ好きでしたん。PSPの。

日本史と地理めっちゃ得意でした。これも信長の野望のおかげで
す。三国志のおかげです。あと、保健体育は兄たちのエロゲで学
びましたん。きゅんきゅん!

ゲームの話はまた今度にするけど。情報処理技術者試験で一番好
きなのは終わった後の2chでの解答晒し大会。そうかー!とか
え?とかいろいろ書き込みながら、ワイワイやるのが楽しかった
なあ。

最近は公式解答が午前問題は当日に発表になるし、専門学校もそ
の週の中で発表になるし。あと、スレッドの流れも基本とか応用
は早いんだけど、スペシャリスト系は遅いんだよなあ。っていう
か、全体的に書き込みは減ってるかもしれんね。2ch。

まとまらなくなってきたぞ・・・

今は仕事として情報処理技術者試験に関わることができてるし、
奇跡的に、同じ趣味の夫と結婚した。んで、この春はRISSを受検
する。本当に幸せだと思うよ。

昔さあ、IPAに就職しようと思ったこともあるけど。そういえ
ばIPAに就職しちゃうともう、試験受けられなくなるらしいの
でやめた(笑 好きだからこれからも、適度な関係性を保ってい
きたいです。はい。

試験の思い出とかそういうロンリネス

にしのAにっき

にしの家は父親の影響があって。家族は全員、情報処理技術者試験
を受検するのが慣例となっていたよ。私も当然のように中学の時か
ら受検させられた。

とはいえ、パソコン大好きだったので別に苦もなく。勉強も楽しか
ったし。合格して父や兄たちに褒められるのは嬉しかったので。
良かったんだけど、それが「普通のことじゃない」ということに気
がついたとき、なんかなーって気持ちにはなったお。

国家試験持ってるJKを褒めてくれるのは、商業高校とかに行って
る友達だけだったなー。合格すると、KOEIのパソコンゲームを
買ってもらえるのさ。

そうそう。試験の思い出ね。

大人になって会場に行くとね。もう、スペシャリスト試験の会場な
んかおっさんだらけでね。教室で女子なんざ私くらいのもので。

昼休みお弁当食べてると、話しかけられるのよ。もうね。ナンパと
かじゃなくて。白髪のおじさんたちとずーっとお話してたな。珍し
かったんだろうね。

業界の裏話やヤバイ話をいっぱい教えてもらった。いまでもそれは
危なすぎて書けない(笑 楽しかったなー。

にしのくえすと Presented by にしの 2017